ディスクロージャーポリシー

DISCLOSURE POLICY

 

1. 情報開示の基本方針

株式会社 SKIYAKI(以下、「当社」という。)は、株主及び投資家の皆様への適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、常に株主及び投資家をはじめとするステークホルダーの皆様の視点に立ち、迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう社内体制の充実に努めるなど、ステークホルダーの皆様への会社情報の開示について真摯な姿勢で臨みます。

このような情報開示を通じて、資本市場との良好な信頼関係を構築し、当社への一層の理解を促進しつつ、資本市場からの評価を経営に還元することで、株主価値の増大を図って参ります。

 

2. 情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従って、迅速、正確かつ公平な情報開示を行います。また、関係法令及び適時開示規則に該当しない場合であっても、株主及び投資家の皆様にとって重要又は有益であると判断した情報については、適時性と公平性に留意した上で積極的に開示を行います。

 

3. 情報開示の方法

適時開示規則が定める重要情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて公開するとともに、同システムに公開した後は、速やかに当社ウェブサイトにも掲載します。適時開示規則に該当しない情報についても、重要又は有益であると判断した情報については、当社ウェブサイトへの掲載等により広く開示します。

 

4. インサイダー取引の未然防止

当社は、インサイダー取引防止規程及び情報管理規程を制定し、インサイダー取引の未然防止に努めております。また、毎年すべての役員及び従業員を対象としたインサイダー取引防止のためのコンプライアンス研修を開催することで、全社的な周知徹底を図っております。

 

5. 沈黙期間

当社は、決算情報(四半期決算情報を含む)の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各決算(四半期決算を含む)期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間と定めております。沈黙期間中は、決算に関する質問への回答やコメントを一切控えることとしております。ただし、沈黙期間中において業績予想が大幅に変動する等の事象が生じた場合は、適時開示規則に従い、適切な情報開示を行います。

 

6. 将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、開示時点における当社の判断による将来の見通しおよび計画に基づいた将来予測であり、これらは現時点で入手可能な情報による判断および仮定に基づいております。これらの将来予測には、リスクや不確定要素などの要因が含まれており、実際の事業内容や業績はこれら業績予測等とは大きく異なる可能性があります。

 

CONTACT お問い合わせ・ご相談