【社員紹介】ゲーム業界のエンジニアからINTRAエンジニアに転身!!

当社の2019年1月期通期 決算説明資料にある「今後の戦略」の3つ目に掲げられている、「社内業務の自動化を目的としたINTRAの強化」のミッションを担っているINTRAチームの粟ケ窪にインタビューしました。粟ケ窪は、ゲーム業界から転身したエンジニアです!

                                             2019年1月期通期 決算説明資料より抜粋
                                            ↓↓

 

●SKIYAKI入社前のキャリアは?SKIYAKIに応募したきっかけは?

SKIYAKIに入社する前は、約3年間ゲーム会社でサーバーサイドの開発を行っていました。3年間でタイトル3本ほど関わりました。転職を感じるようになったのは、開発しているタイトルが難航していた時期でした。自分のモチベーションに変化を感じ、よくよく考えいくと、エンジニアとして別の業種も経験したい、自分の経験の幅を広げたい気持ち強まっていき、ゲーム業界以外での転職を意識するようになりました。そんな時に、SKIYAKI社員から紹介がありSKIYAKIについて知りました。SKIYAKIだったら、これまでと違う経験ができると確信をもち応募しました。


●SKIYAKIに実際に入社してどう? 

技術面では、ゲーム会社ではJavaをさわっていたので、Ruby初心者として入りました。会社の印象は、「ラフだなー」と感じました。自分の中でラフというのは、「自分の年齢(20代後半)が近い人が多い」「休みもとりやすい空気感」「人柄」です。仕事面では、スピード感に驚きました。今ある業務、新しくやる業務と営業・開発が色々と並行しているので、開発しながらも、考えることがたくさんあると感じました。

 
●今、実際にやっている仕事は?

現在は、経理業務の自動化を担当してます。経理のマネージャーとディレクターと自分で進めています。経理から、機能として欲しい一覧をもらい、認識をあわせながら、確認しながら、順次タスクとして機能開発をしています。会議体としては、代表も入ったINTRAのチームで週1回、FAグループの経理担当者と週1回で、ミーティングをしています。その他は、情報を整理したり、コードをかいたりと開発に大半の時間をとっています。自身が簿記の知識をもっていないので、経理の人たちと細かく仕様きめていきます。最近は経理の単語にもなじんできました(笑)


●仕事は楽しい時、苦しいときはどんな時ですか?

開発に集中できて上手くいっているときは楽しいです。ロジックを考えて、コードに落とし込む過程が自分は楽しいですね。逆に、苦しい時は、情報におぼれているときが苦しいですね。知らない情報におぼれてしまっている時です。開発の前段階の情報整理が重要なので、そこがやりがいでもありますし、苦しいです。理解がふかまると楽しいにかわってきて、モチベーションになります。


●INTRAエンジニアとして考えていること

考えていることとしては、やはりどれだけ社員の人たちの時間を作りやすくするかでしょうか。人間、同じ仕事を繰り返すのはいずれ飽きが来てモチベーションも下がると思いますし、内容に変わりがないのであれば自動化し、効率を上げ時間を作り新しい仕事に向かってもらうことで会社全体としてのパフォーマンスが上がればと考えております。

-------------------------------------

自動化・効率化は、世の中的にも重要な課題です。SKIYAKIはINTRAチームをつくり専門的に開発しているエンジニアがいます。11月には新しいメンバーがINTRAチームに入社しました。今後はアプリ開発にも力をいれていきます!「我こそは!」という方、ぜひ応募お待ちしております!

【キャリア採用】スマートフォンアプリエンジニア(iOS、Android)【INTRAチーム】
への応募はこちら↓↓
https://herp.careers/v1/skiyaki/iirIkkCWTtIX

 

参考:2019年1月期通期 決算説明資料
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3995/tdnet/1684567/00.pdf

 

CONTACT お問い合わせ・ご相談