【社員紹介】SIerから事業会社に転身!WEBエンジニアの仕事を聞いてみた!!

当社には様々なバックグランドを持つメンバーがいます。
元々音楽業界で実績をあげてきた業界出身のプロデューサー陣もいれば、DJやVJ、ラッパー、バンドマン、書道家など、自分自身がアーティストやクリエイターとして最前線に立っていたメンバーも。他にも、有名IT企業の出身者や、プロのクリエイターとして活動していた人も在籍しています。さらには、航空業界や婚活業界や人材業界など、全くの異業種から加わった社員もいて、それぞれの個性を活かし各自プロフェッショナルとして活躍しています。

今回インタビューした池田は、SIerから事業会社へ転身した一人です!SIerから事業会社への転身を考えている方の参考になれば幸いです。

↑バンドで演奏している時の写真です。

 

●SKIYAKI入社前のキャリアは?

4年制のIT系専門学校卒業後、SIerにて4年間SEとして働き、事業会社で1年間WEBエンジニアとして従事しておりました。SKIYAKIは3社目となります。
SIer時代はERPパッケージや製造業向けの業務アプリケーション開発を主に行っていたのですが、自分が作ったものがどう使われているのかフィードバックを得られない事が多く、ただ一方的にシステムを作り続けることに疑問を感じていました。経験を積めばコンサルタントとしてのキャリアパスもあったのですが、外からではなく、内から主体性を持って開発をしたいと思い、転職に踏み切りました。

2社目では自社サービス開発のみを行っていたので、生のユーザーの声が聞け、サービスの改善提案をさせていただけたことが、自分のモチベーションに繋がりました。また、事業会社のサービスということもあり、ビジネスモデルへの理解や、売上を上げるためにどんなことをしているのか身近で見ることができ、とても新鮮でした。

これは2社目もSKIYAKIにも共通しているのですが、「現状よりも良くしよう」という強い想いを持ったメンバーが多く、上を向いて仕事ができたことが一番転職して良かったことだと思います。


●SKIYAKIに応募したきっかけは?

友人からの紹介がきっかけです。音楽に携われるサービスで、尚且エンジニアとして働ける会社があると教えてもらいました。
高校生の頃からバンド活動をしていて、音楽が大好きな自分には目からウロコな情報でした…!

WEBエンジニアとしては充実した日々を送っていたのですが、好きなことを仕事にしてみたいという想いと、SKIYAKIが採用している技術(言語やフレームワークなど)に興味があったので、思い切って応募しました。そしてご縁が有り、2018年6月にSKIYAKIへ入社しました。


●SKIYAKIに実際に入社してどう? 

前職に比べると明文化されているルールが少ないな…と最初に感じました。ただ、ルールは増やせば良いというものでもないと考えていて、何かトラブルがあっても柔軟に対応できるところが、SKIYAKIの良いところの1つだと思います。逆に言えば定型的な作業が少ないので、ルーチンワークだけをこなしたいという方はSKIYAKIとマッチしないかもしれません。

 
●SKIYAKIのエンジニアはどんな人?

物腰の柔らかい人が多いです。HRTの精神だけでなく、SKIYAKIのCREDOにある「相互扶助につとめろ!」 「他者への感謝の気持ちを忘れるな! 」といった文化が根付いているのかと思います。また、多種多様なバックグラウンドを持ったエンジニアが多く、毎週火曜にエンジニア組織の定例会があるのですが、その際に行われるLTの内容が非常に面白いです。


●SKIYAKIで働いて一番大変だったことは?

bitfanアプリ(※1)を開発した時が一番大変でした。bitfanCLUB(※2)とbitfanPro(※3)両方のデータを取り扱うアプリなのですが、当時はbitfanProに触れたことがなかったので、両サービスの特性やフォーマットの違いに戸惑いました。

今も言えることですが、常に知らないこと、わからないことがある状況下で、どれだけ調査したり、吸収できるかが開発スピードやプロダクトのクオリティに反映されるので、責任を感じると共に、やりがいも感じています。

●今後SKIYAKIで実現したいことは?

今のプロダクトを成長させたい。大袈裟に言えば「bitfanをひろめて、これが当たり前の世の中になっている」ようにしたい。

これは個人的な想いとなりますが、特にまだ売れていないアーティストの支援をしたいです。インディーズで大好きなバンドがいくつも解散していく姿を見ていて、
そういった方々が評価されたり、支援できる仕組み作りができたらと日々思っています。ただ、そこまでの道筋が多く・細かくあり、その道筋を作っていく地道な努力が
必要だと実感してます。

今の時代にマッチするサービスを展開していくためにも、エンジニアとしてのスキルを伸ばし続けなければならないと、強く感じています。


まだまだメンバーが足りません。SKIYAKIのプロダクト・サービスが面白いと思った方、新しいプロダクトを自分の技術で世の中に出したい方、エンジニアの技術力で、アーティスト・クリエイター支援をしたい方SKIYAKIへの応募お待ちしております。


(※1 )bitfanアプリ
ファンクラブのコンテンツの閲覧や、ファンがアーティストを応援した熱量(bitfan)をスマートフォン向けアプリを用いてトレードし、対価を得られるサービス。
https://bitfan.id/

(※2)bitfan CLUB
ファンの熱量を見える化する「bitfan」の機能を備えた、誰でもすぐに開設できるファンクラブサービス
https://bitfan.id/service/fanclub

(※3)bitfan Pro
ファンクラブサイト・オフィシャルサイト、グッズ販売やチケット先行販売を運営する上で必要な機能を単一の画面から利用できるサービス
https://skiyaki.com/contents/176031
 

SKIYAKIの募集職種はこちらから:https://herp.careers/v1/skiyaki

 

CONTACT お問い合わせ・ご相談