ゲーム漬けの年越しイベント「RIZeST Gamer's Base」

 

2017年12月31日(日)〜2018年1月1日(月)に、東京・新宿区 ベルサール高田馬場にて、eスポーツエンターテイメント事業を展開する 株式会社RIZeST(ライゼスト、本社:東京都中央区、代表取締役社長:古澤 明仁、以下「RIZeST」)主催による、ゲーム漬けの年越しイベント「RIZeST Gamer's Base(ライゼスト ゲーマーズ ベース)」(URL:https://rizest-gamers-base.com/)が開催されました。RIZeSTの公式ホームページ「ライゼストファン」(URL:https://rizestinc-fan.com)やイベント特設サイトを制作・運営しているSKIYAKIでは、今回、RIZeSTと共同し、当社グループとしてイベントの企画・制作・運営に携わりました。当記事では、同イベントの様子をお届けします。

 

“eスポーツ元年”とも言われる2018年を目前に開幕した「RIZeST Gamer's Base」は、夜通しゲーム漬けの年越しイベントです。入場は無料。オンラインで事前販売していた有料のPC席利用権は完売し、2017年12月31日(日)11:00の開場から2018年1月1日(月)17:00のイベント終了まで、多くの来場者で賑わいました。

 

■ 会場には、まるで家のように寛げる「リラックスエリア」も

 

会場では、日清食品様の協力により、どん兵衛が食べ放題。ほかにもフードエリアでは、大塚食品様の協賛でビタミン炭酸飲料が提供されました。協賛ブースでは、海外e-Sportsチームの公式ライセンスグッズ、ゲーミングパソコン、ゲーミング用マウス、キーボード、ヘッドセットなどの販売コーナーや、世界中のゲーミングイベント・プロゲーマーから高評価を得ているハイスペックゲーミング液晶モニターの体験コーナーもありました。

 

さらに、スーファミミニの体験コーナーや、まるで家のように寛ぎながらゲームや観戦が楽しめるリラックスエリアも会場内に3カ所用意されていました。一般来場者はVIPエリア以外であればエリア内を自由に移動できるため、各々ベストポジションを見つけてeスポーツを楽しめる会場となっていました。

 

場内は、大きく分けて2つ、ゲームプレイヤーのためのゲーミングエリア(左側)とメインイベントを進行するステージエリア(右側)に分かれています。

 

■ 多くのプレーヤーで盛り上がる「ゲーミングエリア」

 

ゲーミングエリア①

ゲーミングエリア②

フリーPCエリア

FightingGameエリア

ゲーミングエリアには、多数のPCが置かれ、高スペックのPCと高性能なゲーミングチェアが用意された「VIP PCエリア」と「ノーマルPCエリア」、チケット未購入の人でも遊べる「フリーPCエリア」、フリーPCエリア内の「FightingGameエリア」に分かれ、各々席に着き、好みのゲームをプレイできるようになっていました。

 

ゲーミングエリア前方①

ゲーミングエリア前方②

ゲーミングエリアの前方には、大人数で試合を観戦できるよう、大きなスクリーンと実況者の席が設置されていました。同エリアで、2017年に大ブレークしたゲームタイトル「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」のコミュニティイベント「DONCUP」などのイベントが始まると、大画面の前は観客で賑わいました。

 

■ 白熱した試合で盛り上がる「ステージエリア」

 

試合間にはゲストやMCによるトークショー

実況者が熱く解説。まさにスポーツです

ケイン・コスギさんのスペシャルマッチ

「どうぶつタワーバトル」トーナメント戦

ステージエリアにて、メインイベントとして開催されたのは、メインスポンサーであるロジクール主催の2017年のアマチュアチーム・個⼈の⽇本⼀を決める「Logicool G CUP 2017 決勝戦(使用タイトル:リーグ・オブ・レジェンド)」。ほかにも、スペシャルゲストであるケイン・コスギさんを招いた「リーグ・オブ・レジェンド」スペシャルマッチや、「ストリートファイターV」のトーナメント戦、巷で話題のスマホゲーム「どうぶつタワーバトル」のトーナメント戦など、年越しのカウントダウン開始まで数々の白熱した試合が繰り広げられました。

 

■ 2017-2018年 カウントダウン

 

2018年のローディング画面が表示され…

HAPPY NEWGAME!!

31日(日)23:50には、2つのエリアにて、大きなスクリーンを前に2018年までのカウントダウンが開始。先程までのeスポーツの興奮さめやらぬ中、めでたく新年を迎えました。

 

■ eスポーツで、2018年 福男決定戦!!

 

PUBG 2018 福男決定戦!!がスタート

総勢100名の参加者が集いました

当社社員も福男決定戦に参戦(結果は77位)

広大なマップ内で100名が戦います

年明け早々に開始されたのが、ゲーミングエリアでの「PUBG 〜2018年福男決定戦〜」です。オフラインとオンラインで集まった総勢100名の中から、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」で生き残った最後の1名にゲーミングチェアやゲーミングPCなど特別な賞品をプレゼントする企画。スクリーンに映し出される白熱したバトルに、参加者だけでなく会場全体が大いに盛り上がりました。

 

今回、初めての開催でありながら大きなトラブルもなく、2日間のイベントは終了しました。多くの来場者が楽しんでいた「RIZeST Gamer's Base」の盛り上がりに、eスポーツの今後の発展にも期待が高まります。

 

SKIYAKIでは、今後もeスポーツを応援し、その普及のため尽力してまいります。

 

▼「RIZeST Gamer's Base」イベント特設ページ

URL:https://rizest-gamers-base.com/

 

 

【 eスポーツとは 】

 

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)とは、競技性の高いゲームでプレーヤー同士の腕を競い合う競技。世界での競技人口は、少なくとも1億人以上と言われています。日本でも、競技者数と市場規模は年々拡大し、IT産業を支える人材の確保や発展を促す効果も期待されています。2017年4月には、eスポーツがスポーツ国際大会「2022年 アジア競技大会」の競技種目として正式に認められ、2024年のパリオリンピックでも正式種目として検討されているということで、メディアにも取り上げられ話題を集めました。

 

2017年12月には、日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)という3つのeスポーツ団体を2018年に統合し、新団体が発足することが明かされました。“eスポーツ元年”とも言われる2018年の2月には、同団体による日本初のプロライセンスの発行を予定しています。さらに同団体の発足は、これまで日本では難しいとされていた賞金制大会の開催や日本オリンピック委員会(JOC)加盟に向けた一歩となるとして注目されています。

 

 

【 株式会社RIZeST 会社概要 】

 

社名:株式会社RIZeST

所在地:東京都中央区日本橋浜町2-62-6 品川不動産浜町ビル 5F

代表者:古澤 明仁

資本金:10百万円

事業内容:eスポーツエンターテイメント事業

 

RIZeSTは「eスポーツを持続可能な文化的・経済的・社会的なものにする。そして私たちが体験してきたeスポーツの感動を人々と共有し、魅了していく。」というミッションを掲げ、eスポーツにおけるイベント、大会、トーナメント、リーグの立案、企画、運営までを行い、eスポーツのステージを創り上げています。そのeスポーツエンターテイメントを、従来の配信クオリティを上回るテレビスタジオさながらのスタジオ機能を使い、最高のクオリティでファンや視聴者へ配信しています。

 

2017年8月にオープンしたRIZeSTの公式ホームページ「ライゼストファン」では、eスポーツコミュニティ向け情報を発信いたします。当サイトより、RIZeST IDに登録(無料)いただくと、イベント情報等をメールマガジンでお届けします。当サイトの詳細については、下記URLよりご確認ください。

 

▼株式会社RIZeST 公式ホームページ

URL:https://rizestinc-fan.com

CONTACT お問い合わせ・ご相談