「遊べ!学べ!」を体現し、長期休暇には海外へピアノの演奏旅行へ。

▼メンバー紹介

ADグループ編

 

■ADグループの仕事

AD(Administration)グループは、法務、総務業務を担う管理部門です。FanTech事業をバックオフィスから支えます。ADグループ内のメンバーはもちろん、社内のあらゆるメンバーとコミュニケーションを取りながら業務を進めています。

 

2017年夏にアメリカ・ユタ州にて、20年来の親友の結婚式でピアノを演奏した時の写真です。

 

大学院を卒業後は、司法試験の勉強を続けながら、国内外にてピアノや書道の先生として活躍。ある時、事業会社に就職することを決意し、2015年4月にSKIYAKIへ入社。現在、ADグループで法務のプロフェッショナルとして活躍中。英語が堪能。趣味は、ピアノ、習字、料理。

 

■入社のきっかけは?

「日本一休日の多い会社」という当時の休日制度に惹かれたというのもありますが、真面目な話をすると、当社の価値観である SKIYAKI CREDO に共感したのが一番大きな理由です。中でも、CREDOのその2「遊べ!学べ!」はみんなが積極的に体現していて、私の場合には、GWとお正月の長期休暇を利用して海外へピアノの演奏旅行へ出かけたりしています。

 

■仕事で大変なことはありますか?

新たなアイディアやサービスが次々と活発に議論される会社なので、答えや判例のない新しい法的問題やリスクへの対処法を常に考えています。そのような問題点やリスクを先回りして発見したり、また迅速に対応できるように、世の中で流行していたり、バズが盛り上がりつつある様々なサービスを勉強しなければならないことは決して楽ではありませんが、自身の糧になっていると強く感じます。また、当社は海外との取引も年々増えているので、外国語の契約書や法律文章と格闘することもしばしばです。

 

■SKIYAKIでのやりがいは?

誰も考えたことのない、前例のないアイディアやサービスについての法的問題やリスクを考えることは決して楽な仕事ではありませんが、それは言い換えれば、既存の問題や答えを「調べたり」「まとめたり」するだけではなく、新たな法的問題やリスク、そしてその対応策・回避策を「考え」「提案する」ということだと思います。つまり、法務でありながら「クリエイティブ」な思考が求めらることに、この仕事の面白みを感じています。

さらに、バックオフィスながら事業部の方と一緒になって“1から”サービスを作り上げていけるのも大きな喜びの一つですね。また、契約法務のみならず、上場業務、株式業務、コンプライアンス、さらにはオフィス移転等の総務業務など、分業が進んでいるような大きな規模の会社では経験できない、広い範囲で仕事を任されていることもやりがいに繋がっています。そして、GWや冬休みは9連休、または10連休になるので、海外旅行やじっくり自分の勉強・趣味に没頭する時間がもてるというのもSKIYAKIの魅力です。

 

■この先やりたいことはありますか?

「創造革命で世界中の人々を幸せに」できるようなサービスを当社が持続的に提供するためには、まずはそれを生み出す“中の人=社員”が幸せであることが不可欠だと思っています。私は総務業務も兼任しているので、社員の満足度が向上するような福利厚生システムやオフィス環境を構築していきたいです。

さらに、当社は2017年10月に上場したので、2018年4月の株主総会や、今後行われる当社のコーポレートアクションは全て「上場会社として初めて」経験するものです。何事も「初めての経験」は大変ですが、自分で調べ、考え、作り上げることは、自分にとっての成長の一番の近道になると思います。この会社でできるだけ多くの「初めて」を経験して、誰からも信頼される、経験値の高い“できるビジネスマン”になりたいですね。そして、今後の海外展開などで、自分の語学力を活かして当社の世界的な成長に貢献したいです。

 

ファンを笑顔にするテクノロジー“FanTech”を盛り上げる仲間を募集中!

採用情報はこちらから

 

■社員インタビュー

ファンを笑顔にするテクノロジー“FanTech”を盛り上げる仲間を募集中!

採用情報はこちらから

CONTACT お問い合わせ・ご相談